メニュー

トップページ > E-learning

動画で学ぶ

HSコードや関税率、原産地規則の確認方法を通して原産地判定の基本的な考え方を解説します。

原産地判定の考え方と根拠書類の作成
講義の目的
1. 講義の目的(01:37)▶ 再生
用語などの解説
2. 「EPA」「FTA」って何だろう? (06:02)▶ 再生
3. 原産/非原産ってどういう意味? (04:47)▶ 再生
前提となる情報の確認
4. 輸出品のHSコードを確認しよう (05:59)▶ 再生
5. EPA税率を確認しよう (02:02)▶ 再生
原産性を証明する資料を作成
6. 構成材料は原産でなくても良い (03:16)▶ 再生
7. CTCルール、VAルールの考え方と使い分け (10:07)▶ 再生
8. 利用協定を選択しよう (06:28)▶ 再生
9. CTCルールを満たしているか確認しよう (05:46)▶ 再生
根拠書類の準備
10. 生産工程表の作成方法と証明後の留意事項 (04:06)▶ 再生
11. 第三者証明制度における利用プロセス (03:39)▶ 再生
まとめ
12. まとめ (01:50)▶ 再生
構成材料のHSコードを確認
講義の目的
1. 講義の目的と導入 (04:07)▶ 再生
材料のHSコードを分類
2. HSコードを決定するプロセスとは (10:20)▶ 再生
3. 「飲料水」のHSコードを分類しよう (21:10)▶ 再生
まとめ
4. まとめ (01:15)▶ 再生
特定原産地証明書の申請手続き
動画で見る!証明書申請までの流れ
(※日本商工会議所のホームページに遷移します)
日本商工会議所への企業登録から、第一種特定原産地証明書発給システムを利用して行う原産品判定依頼、発給申請までの一連の流れを把握できる構成になっています。
▶ 再生
自己証明制度での書類作成方法(日EU協定・TPP11ご利用の方)
日EU協定利用における原産品申告書の作成方法
日EU協定では自己証明制度が採用されており、生産者や輸出者自らが原産地に関する申告文を作成、あるいは輸入者の知識に基づいて原産性を申告します。自己申告制度の概要と生産者、輸出者が原産品申告を行う場合における申告文の作成方法について解説します。▶ 再生
TPP11利用における原産品申告書の作成方法
日EU協定同様、TPP11も自己証明制度が採用されており、輸出者、生産者、輸入者のいずれかが原産品申告書を作成します。TPP11における原産品申告書の作成方法について解説します。▶ 再生
組織的なEPA活用の必要性(社内体制構築の重要性)
講義の目的
1. 講義の目的と導入 (06:58)▶ 再生
「ウマミ」「テマ」「イチガン」
2. ウマミ(メリット)を把握しよう (08:59)▶ 再生
3. 必要なテマ(作業)の把握 しよう (13:07)▶ 再生
4. イチガン(一丸)となることの必要性 (09:16)▶ 再生
まとめ
5. まとめ (01:30)▶ 再生
協力依頼の必要性(他社へ作業を依頼する場合/依頼された場合の留意点)
講義の目的
1. 誰に何をどこまで依頼するか? (08:05)▶ 再生
依頼の前に、まずは自社で証明する
2. EPAの基礎知識と例題「釣り竿」 (06:39)▶ 再生
3. CTCルールで釣り竿の原産性を確認しよう (09:31)▶ 再生
証明に必須な部分をサプライヤーに依頼する
4. CTCを満たさない材料をサプライヤーに協力依頼しよう (08:53)▶ 再生
5. 第三者証明制度、自己証明制度における原産性立証後の流れ (03:17)▶ 再生
まとめ
6. まとめ (01:42)▶ 再生

理解度確認クイズ

一通り理解したら、こちらの確認クイズに挑戦してみましょう!
クイズは「原産地証明・初心者ガイド」と対応しています。分からなかった・間違えた問題に関する内容は、「原産地証明・初心者ガイド」各項目から確認できます。

※クイズページはiOS・android端末は非対応となっております。お手数をおかけしますが、PCにてご覧ください。

確認クイズ
Q1. EPAを利用して輸出するとは
Q2. EPAを利用するためには何が必要か
Q3. 原産品であることの確認と申請
Q4. EPAを利用する上でルールを守らなかった場合
Q5. 検認で問われるポイント
Q6. EPAにおける原産・非原産とは
Q7. 原産地規則を満たす産品
Step1輸出する品物の生産場所を確認する
Step2輸出する品物のHSコードを特定する
Step3関税率を確認する
Step4原産地規則を確認する
Step5原産地規則を満たしているか確認する
Step6根拠書類を作成する
Step7書類の保管
 TOPへ戻る